桧住建TOPへ | 会社情報 | お問合わせ 

  家を建てる
  商品案内
  桧のこだわり
  家づくりの流れ
  建築あれこれ
  家づくりを支援

  現場紹介
  ひのきの家
  お客様の声
  ひのき通信
  お問合わせ

  桧住建TOP
  会社情報
  ブログ
 



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


有限会社 桧住建

滋賀県高島市
安曇川町上小川
145-7

TEL(0740)32-2415
FAX(0740)32-3462

haruji@hinoki-j.co.jp
  桧住建TOP > 家を建てる > 桧のこだわり > 二百年住まう家 > 次世代に継承される200年住宅1


  桧のこだわり  二百年住まう家
 次世代に継承される『200年住宅』1

123456    次のページへ>> 


 構造躯体の耐久性 

総桧つくり
 構造材の通し柱135mm角、管柱120mm角,横架材W120mm、土台120mm角、大引き105mm角、タルキ60mm角は
 すべて国産桧無垢材(ヒノキの木から伐採して、柱などの最終製品になってから、300年間は強度が向上します。
 そして約1000年たったその時、その木を切った時と同じ強度になります。)とする。

具体的内容
 構造躯体は、防蟻防腐剤(マイトレックACQ)と寸法安定剤を加圧注入処理(ハウスガードシステム緑の柱)を採用する事により、シロアリや腐れの被害を半永久的に予防し、新築時の耐久性を保ち続けます。加圧釜で防蟻防腐剤(マイトレックACQ)を注入することにより木材の内部まで浸透するので、傷が付いても剥れても、非常に高い効果が持続します。それと寸法安定剤を加圧処理をすることにより、木材の細胞内部に詰め物をすることで、木材の収縮や割れ、変形を抑え、新築時の精度を保ちます。構造材は国産の無垢材、1階部分は防蟻防腐処理と寸法安定剤2階は寸法安定剤を加圧注入処理をします。木部は上記の処理をしたハウスガードシステム緑の柱を使用しますが、この処理は建築前の1度の処理で半永久なので再処理の必要はありません。国産材は日本で育った木ですから、日本の気候や四季に充分対応して、腐食しにくく長持ちします。


【シロアリ被害の樹種別比較試験効果】
  加圧注入処理により内部まで保存剤が
  浸透しています。


 

 このページの先頭へ

 木材を安定させる方法 


  高温乾燥すると木材耐久性が低下します。グラフを見て分かるように質量数値の変化にはっきりと現れて
  います。

 このページの先頭へ


  シックハウスの原因とならない安全な家。ハウスガードシステムは人の健康を害するような影響を及ぼしま
  せん。下の写真のようにハムスターや熱帯魚での安全性の実証も行っています。


 
住む人の健康を守ります。

 このページの先頭へ

●床下換気は、ベタ基礎、防水シート、吹付け断熱で外部との気密を保つ事と、24時間機械換気にダクトを接続をして、床下中央から空気と湿気を吸い上げることにより、床下へ部屋の乾燥した暖かい空気が入り込みます。真冬でも床下は外部の影響を受けないので、床下が暖かく、乾燥するので腐食やカビなどの発生がありません。素足で歩いても床が暖かく心地いい肌さわりです。
●鉄筋コンクリート造りのベタ基礎 防湿フィルム(厚み0.1mm、重ね巾150mm以上)、土間t150mm、基礎幅150mm、立上り500mm、とします。
●コンクリートの仕様、呼び強度:24n/mu(冬場は27n/mu)、スランプ:15p〜18p、祖骨材最大寸法20mmとします。
●壁は通気工法にすることで、外壁との間に雨水が侵入して湿気ても乾燥しやすい構造です。
●ボルトは住宅の自重や乾燥により施工段階でいくら強固に締め付けても実際は3o〜4o木痩せが起こり新築時の強度を保つことはできません。タイトニックを使えば内蔵のスプリングが木痩せした分だけボルトを引き寄せ、マッジクリングでボルトを締め付けるので緩みが発生せず、新築時の強度をいつまでも保つことができます。

  

 このページの先頭へ

 長持ちする屋根  〜防災・耐風性能をさらにアップ。セラムFシリーズで安心設計〜

 

【耐風性能】
 施工時に下の瓦のロックアーム部をがっちり固定します。 この技術はアンダーラップの踏み割れを考慮したクリップ止め工法(ポパイロック)で培われたオーバーラップ部を固定する技術を同質掛け止めに昇華させたものです。また、ロックアームは曲がりや錆(さび)の心配がありません。

【耐風性能】
 施工時に下の瓦のロックアーム部をがっちり固定します。 この技術はアンダーラップの踏み割れを考慮したクリップ止め工法(ポパイロック)で培われたオーバーラップ部を固定する技術を同質掛け止めに昇華させたものです。また、ロックアームは曲がりや錆(さび)の心配がありません。

 このページの先頭へ

 汚れが落ちる外壁 〜ナノ親水マイクロガード〜

  雨水で汚れを洗い落とすセルフクリーニング効果。
  空気中の水分子を取り込んで外壁表面に薄い水分子膜を作り、汚れを浮かせて、雨で洗い落とします。
 



【ナノ親水マイクロガードの特長】

■雨が汚れを落とすセルフクリーニング機能
 ナノ親水マイクロガードは、付着した汚れが雨水で繰り返し落とせるセルフクリーニング機能。親水性の効果で、表面に付着した汚れが洗い流されやすくなります。

■マイクロガード仕様商品に防藻・防カビ機能をプラス
 マイクロガード仕様の表面塗膜に防藻・防カビ剤を配合。綺麗な外観を保つ力がさらにアップしました。※但し、防藻・防カビ機能はすべてのカビ・苔・藻で実証されたものではありません。


■初期コストも安心価格

   平方あたりの金額  外壁面積150u相当の価格
 マイクロガード  9,200円/u
(税込)
 約138万円(税込)
高機能なのに安心価格!
 標準仕様   8,800円/u
(税込)
  約132万円(税込)
 ナノ親水マイクロガード処理をしている商品と、標準仕様の商品を比較すると、外壁面積150uの平均的な住宅を想定してもこの価格差です。※シーリング・水切・足場・発生材処分費等は別途。※上記は参考価格ですので、実際の物件については、お見積もりをお取りください。

■日陰だって、夜だって効果を発揮
 ナノ親水マイクロガードは、光に関係なく親水性を発揮するので、日当たり面、日陰や夜間、そして季節に関係なく効果が持続します。



■施工直後から効果を発揮!
 ナノ親水マイクロガードは、当社工場から出荷された時から防汚機能が発現しているので安心。摩耗等の外的要因がなければ塗膜の耐候性同様の期間、その効果が期待できます。


ご注意ナノ親水マイクロガード防汚効果は、排気ガスやばい煙、ほこり、土汚れに対して効果を発揮しますが、いずれも多量に供給される環境下では効果が発揮しにくい場合があります。また、錆や高濃度・高粘度な汚れに対しては効果は低くなります。外壁面のこまめな点検・清掃をお願いします。

 このページの先頭へ

 構築物へFRP技術を応用した、FRP対蝕防水工法

 耐蝕や防水が求められるあらゆる領域に、ハマネツモレーヌはその用途を広げています。
 ビル屋上、駐車場・倉庫・工場などの床、住宅のベランダや浴室、プール、各種水槽・タンク類など
 多種多様なニーズに対応し、その優れた機能を発揮しています。
 

 【特 長】
  ◆耐薬品性、耐候性が高く、下地のクラックや温度変化に対する膨張収縮に十分対応します。
  ◆下地との接着性が高く、ハクリ・フクレ等の問題が生じにくくなっています。
  ◆シームレス加工のため、継ぎ目からの劣化等の心配がほとんどありません。
  ◆表面や硬度・強度が高く、露出工法が基本です。
  ◆屋上やプール等にも十分な歩行性を確保しています。
  ◆ライニング工法ですので、どんなに複雑な下地への施工も容易で、シームレスの連続防水面が得られます。
  ◆軽量で、建物本体の強度を損なう心配はほとんどありません。
  ◆仕上り感が美しく、環境にマッチします。
  ◆工期の短縮化が図れます。
  ◆万一、破損した場合でも容易に発見でき、かつ簡単に部分補修が可能です。  

 このページの先頭へ

Copyright © 2010 Hinoki juken. All Rights Reserved.