桧住建TOPへ | 会社情報 | お問合わせ 

  家を建てる
  商品案内
  桧のこだわり
  家づくりの流れ
  建築あれこれ
  家づくりを支援

  現場紹介
  ひのきの家
  お客様の声
  ひのき通信
  お問合わせ

  桧住建TOP
  会社情報
  ブログ
 



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


有限会社 桧住建

滋賀県高島市
安曇川町上小川
145-7

TEL(0740)32-2415
FAX(0740)32-3462

haruji@hinoki-j.co.jp
  桧住建TOP > 家を建てる > 桧のこだわり > 二百年住まう家 > 次世代に継承される200年住宅


  桧のこだわり  二百年住まう家  次世代に継承される「200年住宅」
 次世代に継承される『200年住宅』3

 <<前のページへ    123456    次のページへ>> 


 維持管理の容易性

具体的内容
●構造躯体や仕上げ材に、影響を及ぼさず、掃除や点検修理などが、容易に出来ること。
●給排水配管はベタ基礎上配管として、外周部に基礎貫通スリーブを設け外部へ配管を出す。
●給排水管はすべて床立上りとする。出来ない場合はパイプスペースを設け点検口を付ける。
●排水管には掃除口を設ける。

 新世代排水システム ヘッダー配管



●排水ヘッダーシステムによる集合配管のため、これまでに比べ工事を軽減でき、維持管理、点検などのメンテナンスが容易になりました。更に野外での工事を低減でき、経済性にも優れています。ライフスタイルの変化に対応し可変性を持っています。




● ベタ基礎に、さや管「基礎貫通スリーブ」(品確法対応品)を採用することにより構造躯体に影響を与えずに、配管の取替えが容易に行えます。





●配管はベタ基礎上転ばし工法にすることで将来、取替えや補修、点検、掃除メンテナンスが容易に行えます。
【施工手順】

@さや管設置


A排水ヘッダー設置


Bベタ基礎上転ばし工法




 このページの先頭へ

Copyright © 2010 Hinoki juken. All Rights Reserved.